What's up?

アクセスカウンタ

zoom RSS EUの深刻な悩み

<<   作成日時 : 2017/08/12 09:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

イギリスがEU離脱を国民投票で決め、交渉が進められているが

私にはなぜ資本主義の代表の様なイギリスが経済的な不利益が分かっていながら離脱

孤立を求めていくのか、今一つ分からなかった。

 

最近読んだ本でその一端が分かった様な気がする。

当初6か国で始まったEECも加盟国が増え、自由に国境を越え経済活動ができ

アメリカや台頭するアジアの国に対抗できる、一大経済圏を可能にする第一目標は

ECは達成したが、その副作用もたくさん出て来た。

 

水が低い方に流れていくように、稼ぎのいい国に人々が集まった。

具体的には、ドイツ、フランス、イギリスなどへ、出稼ぎ、移住、難民が大移動して来た。

働きもの、高い技能者なら何の問題もないが、これらの国は社会保障が充実している、

移民イコール生活保障金の支給となる。

そして、移民の集落が出来上がる。 現実的にはドイツの20%は外国からの人と言われる。

当然、政府の負担つまり税金が使われる。

EUの諸国は統一された、移民規制はなく、移民しやすい国へ行き、そこから流れていく。

これが英国民に大きな不満となったようだ。

 

余りいわれていないがジプシー(ロマ)問題。 元々東欧周辺にしかいなかった

流浪の民族は、物乞いで生活していたが、 今はEUのおかげでバルカン半島まで進出している。

背景には国際的な犯罪組織がいて、麻薬、売春、など社会を不安にさせる材料となっている。

差別的な事なので声は余り聞こえないが、大きな社会不安となっているようだ。

 

イギリス人は金より、安心できる社会を選んだとこの本から学んだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
>イギリス人は金より、安心できる社会を選んだ
21世紀の大きな問題なのかな。。。
日本も、北朝鮮によっては難民や税金の投入が大きな問題になる。
国際的に非難を受けるのも時間の問題。。。
もうヘトヘト
2017/08/12 10:50
コメントありがとうございます。 ヘトさん
 日本も現実をよく見てみれば、隣国の中国や韓国、台湾から不法入国している人たちがいますよね。 その人たちと仲良く仕事を分け合い、税金で援助することが永遠に続くと思うと英国民の気持ちはわかりますよね。 そう、北朝鮮から大勢の難民が押し寄せたら、社会不安になります。
What's up?
2017/08/12 11:17
イギリスがEU離脱を決めたとき、「やってしまった」と言われました。イギリス人も離脱すべきかどうかよくわかっていなかった、ただ大英帝国のプライドでやってしまったのかと。
jisei
2017/08/12 16:49
コメントありがとうございます。 jiseiさん
 EUのリーダー、ドイツ、フランスも同じ悩みを持っていて、移民、出稼ぎ、難民で税金を支出、治安が悪くなる、しかし、国境検問なしに移動できるEC域内で排斥はできない。ドイツの中でも保守政党はかなり強硬な政策を訴えているようです。
くわえて、犯罪集団が入り込んでくる。やはり理想と現実には大きな隔たりがあるようです。
What's up?
2017/08/12 18:00
移民、難民を自国民と同じ扱いにすれば、いろんな不純分子も当然混ざってくる。それを排除しようとすればわけのわからない団体が公然と反対する。
だから初めから一般の移民・難民を植えきれないことが肝要。
今の日本の制度を堅持。
nibari1498
2017/08/13 08:05
コメントありがとうございます。 nibari1498さん
 EUの設立当初理念、国境を自由に通過、関税を排し、通貨を統一して一大経済圏を作るがありました。 急速に加盟国が増え、経済力の差が大きくなり、人々の移動が始まりました。世の中には光と影があり、今は影の部分が大きくなりすぎてしまって、国民を不幸にしているのでしょうね。難民受け入れも一つの理念でしょうね、
What's up?
2017/08/13 08:19
私は、もともとイギリスはドイツとフランスが中心になってEU化が進んでいくことに抵抗があったのだと思っています。ポンド通貨をユーロから切り離したのもその一つの現れ。
ところがEUの一員であるために国境を超えて次々と流入し続ける東欧諸国やシリアなどからの難民で、イギリスの労働者たちの不満が膨らんだ。
大局を見た場合、EUからの離脱はリスクが大きいのに、国民の苛立ちが冷静な判断を失ってしまい、離脱派が残留派を押し切ってしまった。
イギリスはこれからどうなるのか、どちらへ向かうのか、日本はよく見定めてこれから付き合うべきでしょうね。とりあえず短期的には、イギリスのEU離脱は日本経済にとって大きな痛手であることは間違いないです。
あきさん
2017/08/13 17:55
コメントありがとうございます。 あきさん
 基本は侵略と戦争繰り返してきたヨーロッパが一つの経済圏を作り、平和で豊かな国を作ろうとしてきたことが、庶民にとっては治安の悪さ、経済格差を大きくして、不安にさせたとは皮肉なことです。 イギリスも困難な時を迎えますが、悪い事ばかりではないと思います。
What's up?
2017/08/13 21:47
これは本当に難しい問題です。ヨーロッパに住んでいると難民の増加が目に見える形であります。難民はまじめに働いて暮らしてくれればいいのですが、中にはそうでない人も多く、スイスの刑務所に収容されている人の90%が外国人だそうです。その維持費だってスイス国民が払っているんですよね。
イギリスは自分たちのEUに対する負担に比して、メリットが少ないと判断したのではないでしょうか?一大経済圏を目指した始まりは良かったと思いますが、ギリシャの経済破たんをEUがカバーするような形になってしまいましたし、これ以上は負担を増やせないという叫びもあったでしょう。一言ではかたずかない問題ですね。
arara
2017/08/14 00:55
コメントありがとうございます。 araraさん
>スイスの刑務所に収容されている人の90%が外国人だそうです。
驚きますね。 理想を求め、その理念は素晴らしいですが、裏の部分は深刻なものがありますね。 国は誰のためにあるのかと基本的な問いになりますね。
What's up?
2017/08/14 07:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
EUの深刻な悩み What's up?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる