娘からカーネーションが届いた。長崎カステラと共に「母の日」の贈り物だ。娘も孫から母の日のお祝いを貰うような年齢になって気がついたのか、何かと母に贈り物にするようになった。まあ、それまでは子育てに忙しく余裕もなかったのだろう。 地方紙のウエブサイトに真岡市の井頭公園のバラが満開だと紹介された。何度かいっているが満開の時はいったことがないので思い立ち出かけた。ところが満開とは言えない程度。もう…

続きを読む

濃厚接触

東京に住む娘から電話があり、夫がシンガポールに転勤になるという。コロナの関係でビザが取れない、手間取っているが夏までには異動になるという。自分たちは娘の大学もあり、しばらくは様子を見ることにして単身でいってもらうことにしたという。 娘夫婦はあちこち転勤で異動したが、娘が学校に行くようになり東京に家を買い、安定した勤務をしていたがいよいよ、子供も大きくなりそんな時が来たなと感じた。40代後半、私…

続きを読む

兄の誕生日

長兄の誕生日、82歳の誕生日のお祝いメールを送った。3年ほど前までは電話でやり取りをしていたが、耳が遠くなり電話を嫌がり、途中で奥さんと代わってしまう。今は孫から教えてもらったらしい、フェースブックとラインでやり取りしている。昨日は奥さんの親戚に招待され、バラを見て来たらしい。バラ園の写真が送られてきた。 女、男3人の4人兄弟、私は末っ子だ。長兄は親父自慢の息子で勉強もスポーツも優秀でいつも生…

続きを読む

フクロウ神社

毎日が日曜日の私にはゴールデンウィークはあまり意味を持たないが子供達もコロナで帰ってこないし、気分転換に出かけた。 どちらもTVのローカルニュースで取り上げたところ。ところがナビの名前検索では出てこない。パソコンで地図を調べていってきた。 栃木県と茨城県の県境にある神社で通称「フクロウ神社」正式には鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)という。不苦労(フクロウ)でお祈りすると幸せになれる…

続きを読む

予約券ふたつ

同じ日に予約券が二つ到着した。 一つは免許証更新前の高齢者講習予約。10月の誕生日なのに、5か月も先の講習会予約申し込みだ。まずは認知症検査を予約、自動車教習所に申しこむ、早く予約しないと予約が取れなくなるというのですぐに電話をした。幸い取れたがそれでも6月の下旬。 750円と予約券、免許証を持って検査を受けに来てくれとのこと。 そこで合格点が取れると、高齢者講習会そして免許証更新で警察へと…

続きを読む

向田邦子さんのエッセー

病気をしてから、時間を取り本を読むようにしている。 私はどちらかというと小説より、実用的な本を買ってしまう。小説の歴史物より、早わかり日本史とか仏教の歴史などパソコンのハウツウ物は沢山持っている。辞書みたいに使えるので気に入っている。だから、英会話クラブで文学的な話が始まるといつも聞く側である。英語好きの人は文学好きが多いような気がする。 ブックオフに向田邦子さんの本があった。ハードカバーで…

続きを読む

古い記憶を思い出す

ラジオでコロナ禍でのストレス解消法をやっていた。まあ、ストレス解消といえば、散歩とか運動とかの話かと思ったがなんと、古い懐かしい記憶をたどる方法だという。苦しいとか悩んだとかを思い出したら、ストレス解消にならないので止めて、ひたすら、懐かしい、楽しかった事を思い出すのだという。 脳の中の昔の事を思い出す場所と、将来の夢を考える場所は同じだという。そして楽しいとか意欲を持つとセロトニンというホル…

続きを読む

電気料金の通知

電気の使用量の検針は何時から来なくなったんだろう?検針のおばさんがいた時は、今月の使用量と前月の料金と今月の請求料金を書いた小さなシートがポストに入っていた。 今は検針は自動的に行われ、システムで使用量が計られネットで請求金額が毎月メールで通知される。メールのページアドレスをクリックすると「くらしTEPCOweb」のマイページに今月の請求金額が表示されている。 わが家は「電化上手」という契約…

続きを読む

TVが壊れた。

妻がリビングのTVが点かないと呼びに来た。確かに普段は点灯している赤いランプが消えている。電源プラグを差し替えてリモコンでSWを押すが動作しない。 早速PCでTVメーカーWEBページで、「電源が入らない」を調べてみると修理が必要で、持ち込み修理で2万5千円ほどの修理費となる。地デジ放送切り替え前に買ったからもう10年以上使っていたことになる。そういえば、TVをスイッチオンの時、画面が暗く、徐々…

続きを読む

庭の小さな畑。

寒いころだったから、12月だったと思う。いつもの散歩道の住宅地に工事用のフェンスが張られ、住宅メーカーの工事許可の看板が立てられた。 基礎コンクリートが打たれ、資材が運ばれ、家が作られていく。毎日、散歩をしながら出来上がっていく家を見るのは私は、好きだ。 完成が近いころ、若い夫婦来てが家の周りを見ていた。若いのに大きな家を建てるのだと感心した。 家が完成して、今度は駐車場やエクステリアの工事…

続きを読む

新しい病院

歩いて5分くらいの所にこの3月内科と整形外科の病院が開業した。そこは老人向けのグループホームがあり、付属の病院建物があったのだがなぜか、開業しないで2,3年の月日が経っていた。介護施設の方は盛況で、介護師さん達が、入所者をつれて車いすなどで散歩をしているのをみた。 近くには内科、整形、形成外科、眼科、皮膚科、総合病院と沢山あり、競争が激しく、諦めたかなと思っていたが、開業の広告が入った。老人施…

続きを読む

表札が変わっていた。

Matsunoさんは2つ年上だった。3年ほど前に癌で亡くなった、とてもおしゃべりが楽しい人でゴルフと旅行が大好きだった。私が彼を知ったのは10年ほど前、ハイキング同好会に入った時。彼の周りには沢山の人が集まり、にぎやかだった。 パソコン関係の話題で話を始めたのが彼との最初の会話、家が近いことが分かった、高級な家が立ち並ぶ住宅地域だという。夫婦共に東京の生まれ、仕事の関係でこちらに引っ越してきた…

続きを読む

市貝町、芝桜公園

 NHKのローカルニュース番組「とちぎ630」で市貝町の芝桜公園の芝桜が紹介された。 昨年はコロナの影響で公開中止となったが、今年は見られるとの事。天気予報では曇りで雨はなさそう、出かけることにした。 平日にもかかわらず、駐車場には宇都宮、つくばナンバーの車で一杯、愛犬をつれてきている人も多い、ワンちゃんも広い空の下を歩きたいのだろう。さてとカメラを出すが、シャッターが下りない。 電池を充電し…

続きを読む

後進国、日本

先日は英会話クラブの日、先生が来る前の世間話が始まった。最近はコロナの話ばかりだが昨日もコロナワクチン接種の話題。「私、高齢者だけど、いつ接種できるのだろう?」何時もは絶対に自分を高齢者と言わない人が65歳以上を強調する。 今は高齢者施設優先で進められていると聞くが日本語教室のボランティアとか、学童保育のボランテイァなどメンバーには人と接する機会の人が多い。やはり、自分も安心したいし、相手に迷…

続きを読む

飛山城跡公園散歩

 多分以前にも飛山城跡公園をブログに載せたと思うが先日、気持ちのいい天気に誘われて散歩に行き写真を撮ってきたのでアップする。 この河岸段丘の場所に昔、飛山城があった。鎌倉時代の後半に芳賀氏によって建てられたというが豊臣秀吉の命令により廃城となり、今は堀が残るだけの城跡となっている。西側と北側は鬼怒川によって守られている場所で自然の地形を利用したお城となっている。 周りは2重3重の堀と…

続きを読む

五輪まで100日

TVで大坂の聖火リレーのニュースを見ていて、思わず「馬鹿みたい!」とつぶやいてしまった。 コロナ蔓延の大阪では予定のコースでは走れず、無観客で吹田の万博公園内を有名人など選ばれた人がゆっくりと走っていた。警備の警官が配置され、TVカメラだけが目立つ。今日も走るというがなぜ中止できないのか? 裸の王様のようだ?。予定を決めているから、やる? まるで敗戦前の日本。 あと100日でオリンピックが開…

続きを読む

健康ウォークに参加。

今年も健康ウォークに参加申し込みをした。 健康ウォークと聞くと何処かに集まり、一緒にウォークングをするという感じだが、このコロナ禍、そんなイベントは難しい。そこで昨年から、健康保険組合が考えだした、リモート、ウォークング(?)毎日歩いた歩数を記録して、月に一回報告をする。そうすると、歩いた距離を計算してくれて、出発点から目標の場所まで今どこを歩いているかを表示してくれる。 私の選択は栃木県内…

続きを読む

何だか遅いですね。

マイナンバーカード交付申請書が届いたのは先月13日。少し前の新聞で今後、健康保険証代わりになるという記事がありいずれは免許証も無くなる日も来ると考え申請をすることにした。 無料,またネットでも申請できると書いてあった。 当日に申請した。パソコンで、申請書を呼び出し、顏写真をデジカメで撮り、大きさをアプリで加工し登録、送信した。 受付完了の返事が来た。>内容を確認後、発行手続きをします。>発行…

続きを読む

病院にて

今日は三ヶ月毎の通院日、9時の予約時間前にレントゲン撮影を終え診察室の前で待つ、コロナの影響か以前より患者が少ない様に感じる。整形外科の診察室は二つで二人の医者が診察。 ふと、隣を見ると近所のNさんが待っている。昨年の3月、私が退院したころにNさんは腰痛で近くのクリニックへ通院していた。私が入院した病院の先生や設備の方がいいから、そちらに行くように勧めたが、そのまま継続したようだ、その後何度か…

続きを読む

地平線

アメリカで、印象に残っている風景は夕日が沈む地平線。日本だと海に太陽が沈むのは美しく感動するがアメリカで見た地平線は横一本の地平に落ちていく太陽が赤く染めて美しかったのを思い出す。 夏になると太陽が沈むのは9時ころだったと思う。日本では退社出来ることが無かった、5時に門をでて近くのゴルフ場に仲間といく、ピザを軽く食べカートに乗り、下手なゴルフを楽しんだ。帰りに通る、コーン畑の向うに地平線が…

続きを読む