安! LEDライト

枕元には照明スタンドがないと落ち着かない。今は横になって本を読む習慣はなくなったがまだ、目が良かったころはスタンドを点灯し眠くなるまで何かを読んでいた。それで今でも時々は本を読むし、夜明かりがいる時もあり置いていた。 もう10年以上使っている照明スタンドを持ち上げたとき首の部分が折れてしまった。 樹脂製なので劣化してきていたのだろう。首をダラリと下げてしまって使えない。 やはり無いと落ちつか…

続きを読む

ピアニストの災難

「佐和子の朝」という対談番組に出演した西川悟平さんは脳の神経の病気で指が7本しか動かないNY在住のピアニスト。対談では、動かなくなってから、再起を果たした話も感動的だったが彼のアパートで起きた強盗の話が心に残った。 鍵を忘れて寝てしまった夜。突然二人の男が部屋に入ってきて、黒人の方がナイフを持ち「手を挙げろ」という。強盗だ、もう一人の痩せた背の高いヒスパニック系の男は引き出しを開け、金めの者を…

続きを読む

NHKのビジネス英語講師 杉田敏先生

毎月14日はNHKのラジオ講座のテキストの発売日。3月号を買いにいった。私が買うのは「ラジオ英会話」「実践ビジネス英語」と「遠山顕の英会話楽習」最後の英会話楽習は英会話クラブのテキストになっているので買うが、ラジオは聞いているわけでは無い。他の2冊は毎回聞き、書き込んだり、声を出したりしている。 その3月号に「実践ビジネス英語」が終了すると書いてある。来月から「ラジオビジネス英語」で講師も変わ…

続きを読む

心(うら)淋し川

先週は日光にある大谷川(だいやがわ)公園に行った。むかし、私は「おおたに川」と思っていた、「だいや川」と聞いてダイヤ川(ダイヤモンド川)とは何処の川?と思ったものである。 それと似た感じの本の名前「心寂し川」これを「うらさみし川」と読む。今年の直木賞の本で作者は西條奈加さん。 NHKの英語のテキストを毎月14日に買いに行く。そこに平積みになって「直木賞作品」のポップ広告がありつい、手に取…

続きを読む

体温計

冬晴れの日が続く、空気が乾燥しているのが分かる、空が真っ青だ窓越しの光も少し強くなった気がする。シクラメンも元気に咲き続けている。 体温計は風邪を引いたとか熱っぽい感じの時にしか使わなかったがコロナが蔓延し始めた昨年の夏ころから常にリビングに置いてある。病院とかで自宅での検温結果を聞かれるようになり毎日測定するのが日常となった。 自分では体温は36℃以上あるのが普通だと思っていたが実際毎日測…

続きを読む

外国人おもてなし英会話セミナー

ボランテイァクラブからパンフレットがメールが送られてきた。 外国人おもてなしセミナーの案内だ。県内10会場で18回、主に飲食、宿泊業を対象に実践的な研修を県が主催して行われる。但し、コロナの影響を受け、集合は危険という事でZOOMに変更になった。 となると、多分、インターネット環境等で敷居が高くなってしまい参加者が集まらないので私たちのクラブに案内が回って来たのだろうと推測する。 でも…

続きを読む

Goto eat キャンペーン

栃木県の非常事態宣言は2月7日までで無事解除された。感染者が190人も出た時から比べると最近は一桁の日もあり本当に減少して来た。私は夜は出歩かないので分からないが、ニュース等では飲み屋街も夜は殆ど人がいないという。たまに行くスーパーなど皆マスクをしているし、まじめに対応したと思う。 そんな中で県の対応がマズイと思った事がある。Goto eat キャンペーンの終了期限である。昨年の11月のはじめ…

続きを読む

何これ? いらない。

国税庁からメールが届きました。 これを見たら還付金が振り込まれたと思いますよね。(それとも還付金詐欺??)メールを開けてみると すごく早い処理、さすが、国税局!!と思いました。 ああまたIDか、面倒だけど…。 しかし、何処にも振り込んだとは書いていない。ただ、受付ましたの連絡!!こんな連絡はいらないし、迷惑!還付金入金連絡だけで十分です。なぜ、こんな事をメールを使って連絡してくる…

続きを読む

人事不介入

東京オリンピック組織委員会長森さんの「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」の発言は本人が撤回したにも関わらず、問題は世界に広がり収まりそうにない。 その発言の背景は、今まで森さんが出席した会議では男性が多く、森さんの意見に意義を唱えたり、質問をする人は少なく、シャンシャンで終わつているからだろうと思う。だから、時々ある、女性が場の空気を読まずに意見をいう事に不快感をもっていたの…

続きを読む

再開オンライン英語

昨年腰痛で入院手術、ほゞ15年位続けていたオンライン英語が出来なくなった。 退院後、しばらくして再開をした。体力を考え、毎日1回コースから週2回コースに変更してのリスタートだった。もとの生活に早く戻りたいという焦りもあったと思う。 ところが、続かない。理由はよく予約した日時を忘れる。なんだが、自分が認知症になったようで不安になった。ちゃんとカレンダーに時間が書いてあるのに、ポカリと忘れてしま…

続きを読む

確定申告の電子申告(e-tax)

今年の確定申告をPCで済ませた。毎年のことながら本当にめんどくさい。私の年金額なら別に申告しなくともいいのだが、僅かな金額でも医療費控除、生命保険控除で還付金がもらえる。欲を出し、頑張ってやっている。 まず、確定申告用の書類(年金額のハガキ、雑所得証明書、医療費支払い証明、生命、社会保険証明)などを突っ込んでいた箱から出し整理。マイナンバーを書いた紙(マイナバーカードでは無い)を探し出す。国税…

続きを読む

電車の旅

田舎への本当に久しぶりの電車の旅。JR東日本の「大人の休日クラブ」を使うのは多分4年ぶり、出発の前日に宇都宮駅に行き購入、今までだと緑の窓口には長い列があるのが普通だがコロナ禍、5分くらいで買うことが出来た。 兄の葬儀参列と心が重い旅。いつもは宿泊させてもらう長兄の家もコロナの時で遠慮し、ホテルに泊まるようにした。妻もコロナで大勢になるといけないと説得して私一人で行くようにした。 一人旅、大…

続きを読む

兄の葬儀へ

2月1日の5時過ぎに次兄が亡くなったと甥から連絡が入った。昨年の夏の頃、体調が悪く入院、血液の癌だと分った。抗がん剤が合えば、回復できるといっていたがしばらくして、もう輸血しか治療方法が無いと言っていた。通院しながらも元気でこの正月もメールがきていた。ところが、先月の末に入院し急変、亡くなったという。 兄は水産高校を卒業し当時の大洋漁業に入社、マグロ船にのりインド洋やアフリカなど遠洋漁業で世界…

続きを読む

県立中央公園

昔の専売公社の工場跡地に作られた中央公園。街の一等地にあって市民の憩いの場となっている。冬晴れで気温は低いが散歩に出掛けた。もちろん、不要不急の事ではない(スイマセン、知事さん)。歩いてみた。同じことを考える人はいるものだ、沢山の人がウォーキングしてた。 去年は桜が咲いているとの情報で3月末にも来た。退院して2週間ほど、池の周りを一周するのが大変だったのを思い出した。でも今回は2500歩も連続…

続きを読む

女性作家

今回の直木賞、芥川賞の受賞者は二人とも女性だった。調べてみたら平成の初めから10回の女性受賞比率は25%で最近10回の女性比率は42%と女性作家が頑張っているのが分かる。 ジェンダーギャップ指数が世界144ヵ国中114位の日本の中にあってこの42%という数字はなかなかのものだと思う。多分、作家という職業は組織の縛りとか伝統とかのルールは強くなく個人が優先し、男女は関係ないのだろう。 そういえ…

続きを読む

バイオンテックス(BioNTeck)社

ファイザー社のワクチンは知っていてもそのワクチンを開発した会社、バイオンテック(ビオンテック)社は知らなかった。ドイツの小さな会社でワクチンは作ったが、大会社の協力を得ないと治験が短期間に出来ないのでファイザーと協力したという。 二人の創業者はトルコ移民の子供のドイツ人医師。医学生の二人が出会い、がんと感染病の治療薬の会社を2008年に立ち上げた。 結婚式の日にも研究室へ二人で行くほど熱心な二…

続きを読む

金婚の友

会報に彼の名前が載った。金婚の欄だ。結婚50年を迎えた。早速お祝いのメールを送った。もう数年あっていないが元気にしているようだ。 大阪からの同僚で彼も、奥さんの独身時代も知っている。仕事で関わりがあったのは奥さんの方で、事務書類の提出で「遅い」とよく怒られた。彼とはこちらへ転勤して一度、職場が同じになった。彼が結婚をしたとか、子供が生まれたとかなぜか記憶にない、多分、当時は別の所で仕事をしてい…

続きを読む

勝山城址散歩

1月にしては暖かな気温に誘われてさくら市にある勝山城址とゆうゆう公園を歩きにいった。コンビニでおにぎりとお茶を調達しさんさんと降り注ぐ陽の下で食べようと計画、出かけた。冬の青空の下でおにぎりを食べた。 平日のお昼時、犬の散歩やカップルが歩いている。屋外、コロナの心配はないがマスクは皆しているな。本丸跡には空堀がめぐらされている。戦国時代の終わりに廃城になったが保存状態はいい。鬼怒川の崖を利用し…

続きを読む

五輪はもう無理?

日本政府も東京都も7月23日と8月24日からのオリンピックとパラリンピックを諦めていないようだが、海外の有力新聞が中止になる見方をしている。「安全に五輪を開催できない可能性が高くなり、中止案が出ている」とニューヨークタイムスが報じているしイギリスのタイムスも中止の観測を出している。米英の深刻な状態を見れば、選手を送り出せる状態が7月に来るとは考えられないのだろう。 日本でも世論の80%が中止、…

続きを読む

再生

足の火傷も大分治ってきた。先月の24日だからおよそ1か月薄い皮膚が再生してきた。色が他の所と違うが、痛みはなく、触るとかゆい感じ。軟膏を塗っているが先生は慎重にあと一回通院とのこと。 脊椎の圧迫骨折、今回の火傷。体の再生力は素晴らしい。そして再生しないと言われている神経や脳や網膜などiPS細胞技術で再生できる時は近いのではないか。 再生と言えば、バイデン新大統領の就任式のハイライトをWEBで…

続きを読む